ZOZO DEVELOPERS BLOG

ZOZOグループのサービス運用・技術開発部門となる部門のオウンドメディアです。エンジニア・デザイナー・アナリストなど制作に携わる技術者の情報を発信しています。 【ZOZO公式サイト】https://corp.zozo.com/

ZOZO DEVELOPERS BLOG

ZOZOグループのサービス運用・技術開発部門となる部門のオウンドメディアです。エンジニア・デザイナー・アナリストなど制作に携わる技術者の情報を発信しています。 【ZOZO公式サイト】https://corp.zozo.com/

リンク

マガジン

  • ZOZO TECH BOOK

    ZOZOのエンジニアやデザイナーがノウハウを公開します。

  • エンジニア/デザイナーの私がZOZOに中途入社した理由

    ZOZOに中途入社したエンジニア&デザイナーへのインタビューです。

  • ZOZO TECHイベントレポート

    Meetupやテックカンファレンス、エンジニアやデザイナー向け社内イベントなどのレポートです。

  • ZOZO新卒エンジニア&デザイナーのリアル

    ZOZOに新卒入社したエンジニア&デザイナーへのインタビューです。

  • はじめての方へ

    ZOZO DEVELOPERS BLOGへようこそ!はじめましてのごあいさつです。

ZOZO TECH BOOK

ZOZOのエンジニアやデザイナーがノウハウを公開します。

すべて見る
  • 10本

ZOZOの「文系AI人材」が講師を務めた、ZHDの文系AI人材育成プログラムの取り組みと成果

はじめにこんにちは!ML・データ部AI R&D推進ブロックの川田です。 ZOZOの親会社であるZホールディングスは、2021年に企業内大学「Zアカデミア」内に、グループ各社の最新AI導入事例の共有などを行うAI人材育成コミュニティー「Z AIアカデミア」を発足。さらに9月からは、AIを学びたいグループ各社の文系社員を対象に、AIづくりやAIを活用したサービスの企画などを行う、実践型の文系AI人材育成プログラム「Z文系AI塾」を開催しています。 私が所属するZOZOのAI

スキ
1

「ZOZO組織再編」変化の中で、組織開発チームが目指す進化の方向性

こんにちは、ZOZO組織開発ブロックの指原(@sashihara_jp)です。   この記事では2021年10月にZOZOテクノロジーズとZOZOが組織再編するという大きな変化の中で、組織開発担当者の視点から、どのようにその変化に向き合ってきたのか、これから何をしていこうとしているのかを紹介します。   ZOZOテクノロジーズの中で組織開発チームができた経緯については2021年2月の記事に詳細に書いています。  組織再編(吸収分割)についてまず、ZOZOテクノロジーズとZO

スキ
92

開発チームをつなぐ心臓部!ZOZOTOWNの"今"を支えるWEBバックエンドの魅力

こんにちは!ZOZOTOWNWEB部 バックエンド2ブロックの佐藤です。 ZOZOTOWNは、①各機能ごとにリプレイスや新規開発が行われるマイクロサービスと、②サービス開始から稼働し続けているASPを利用したアーキテクチャの両輪で構築されています。 私達のチームは②のASPを中心に開発をおこなっており、ざっくりお伝えすると下記の役割があります。 今すぐに必要な追加仕様をASPで実現する 新しく作成されたマイクロサービスへのリクエスト処理を追加する 運用開始後に仕様変

スキ
19

【ZOZOTOWN】SEO担当者が注力する「テスト」と、自作のツールで工数削減を実現した話

ZOZOTOWNサービスグロース部 SEOブロックの大久保です。 SEOやデータ解析によりZOZOTOWNやWEARといったサービスを成長させることをミッションとするチームで、ZOZOTOWNのSEOを担当しています。 2021年1月に公開した記事では「SEO担当者が『カテゴリー』を見直したお話」というタイトルで、SEO担当者視点でカテゴリーを見直す理由やリリースまでの流れ、テストについてご紹介しました。 今回は、ZOZOTOWN上の「カテゴリー」を見直す上でも大事な作

スキ
17

エンジニア/デザイナーの私がZOZOに中途入社した理由

ZOZOに中途入社したエンジニア&デザイナーへのインタビューです。

すべて見る
  • 8本

組織の分化、統合、融合。“技術力のZOZO”が構想する、高速前進するエンジニア組織とは

革新的サービスと技術力を活かせるフィールドへの期待感ZOZOに入社する以前は、ディー・エヌ・エーで、インフラの運用や自動化、Fluentdを用いたログ監視システムの開発やRailsアプリケーションの本番導入のための下周りの開発を担当していました。 一言でいえば、いわゆるWebエンジニアです。 そこからデータエンジニアリングを担当するようになり、分析用のWebアプリケーション開発、AWS、GCPを使ったAI基盤の構築などをおこなっていました。 振り返ってみると、領域を越境

スキ
39

コロナ禍で入社したZOZOエンジニアが語る、リモートベースの働き方

カジュアル面談で生の声をキャッチ現在私は、ZOZOTOWN開発本部ZOZOTOWNアプリ部Androidブロックに所属し、ZOZOTOWNのAndroidアプリの開発・運用に携わっています。 私が転職活動をしていたのは2021年の春頃でした。オンラインイベント登壇やテックブログなど、ZOZOのエンジニアのアウトプットを外から見ていたものの、個人的にコンタクトをとる機会はなく、「実際はどうなんだろう?」という不安を払拭してくれたのが、選考前に受けたカジュアル面談でした。 一

スキ
9

デザインは全てに宿る――。15年以上ZOZOと歩む、佐藤の視点。

インハウスデザイナーには興味がなかったのに、 それでもZOZOに転職した理由ずいぶん昔になりますが、デザイン誌に記事を寄稿していたことがきっかけとなり、縁あって2006年にZOZOへ中途入社することになりました。当時、そのデザイン誌で私と似たテイストの記事を書いている人がいて、いつしか連絡を取り合うようになったのですが、その彼が実はZOZOで働くクリエイティブディレクターだったんです。 当時はまだ、ZOZOTOWNがオープンして間もない頃でしたが、それでもデザインに力を入れ

スキ
26

【スタッフインタビュー】働きながら博士号取得を目指す、ZOZOテクノロジーズの若き研究者

IT業界など理系分野の学生の間では、大学院修士課程を修了してから企業に就職するというキャリアは珍しくありません。その中には様々な事情で、博士課程への道を断念した方もいらっしゃると思います。 ZOZOテクノロジーズでは、働きながら博士号取得を目指す方を支援する「社会人ドクター制度」を2018年に導入しました。 今回、この制度を利用して入社し、ZOZO研究所の研究者と早稲田大学博士後期課程の学生という二足のわらじで活躍する清水に話を聞きました。 【社会人ドクター制度】 ZO

スキ
26

ZOZO TECHイベントレポート

Meetupやテックカンファレンス、エンジニアやデザイナー向け社内イベントなどのレポートです。

すべて見る
  • 10本

【iOSDC Japan 2022】現地レポート

こんにちは!CTOブロックでDevRelを担当している @ikkou です。先ほど自分の登壇が終わったので今は落ち着いてこの記事を書いています。 9月10日(土)より、待ちに待ったiOSDC Japan 2022がはじまりました!ZOZOはプラチナスポンサーとして協賛し、オフライン会場でスポンサーブースを出展しています。 NFCタグが埋め込まれたネームカード会場のエントランスで受付を済ませると、ネームカードとネックストラップが渡されます。会期中はこのネームカードが参加者の証

スキ
18

【RubyKaigi 2022】 ZOZOの好評ノベルティを大公開(ブースで配布中!)

こんにちは!CTOブロックでDevRelを担当している @ikkou です。 本日9月8日(木)より、待ちに待ったRubyKaigi 2022がはじまりました!ZOZOはRubyKaigi 2022にPlatinumスポンサーとして協賛しています。また、三重県の会場でスポンサーブースを出展しています。 ノベルティのご紹介今回は久し振りのオフライン開催ということで、この日のためにファッションコーディネートアプリ「WEAR」を開発するチームが一丸となって準備を進めてきました。

スキ
11

【ZOZOテクノロジーズScrum#4 レポート】テーマは「アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)」、全社員でダイバーシティ&インクルージョンについて考えてみました。

こんにちは!ZOZOテクノロジーズ ダイバーシティ推進チームのおつねこと林田(@oooooh_tsune)です。 7月30日(金)、ZOZOテクノロジーズの全社イベントである「ZOZOテクノロジーズScrum#4」を開催しました。第4回目の開催となる今回は「アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)」をメインテーマに、ダイバーシティ&インクルージョンについて広く考えてみる機会を作ろう!という目的で開催されました。 ZOZOテクノロジーズ Scrumとは ZOZOテクノロジー

スキ
28

【イベントレポート】マネジメント勉強会をクラシコムさんと共同開催しました!

みなさんこんにちは、広報の立川です。 今回は5月24日(月)に開催されたマネジメント勉強会のレポートをお届けします。 通常は社内のリーダー層で行っているマネジメント勉強会ですが、今回は「北欧、暮らしの道具店」の運営を行っている株式会社クラシコム(以下クラシコム)との共同開催となりました。 当日は約60名のメンバーが参加し、各発表後にも様々な質問が飛び交うなど盛り上がりを見せていました! マネジメント勉強会とは?ZOZOテクノロジーズで2019年12月から開催している社内勉

スキ
5

ZOZO新卒エンジニア&デザイナーのリアル

ZOZOに新卒入社したエンジニア&デザイナーへのインタビューです。

すべて見る
  • 12本

あなたの技術を、何に使うか。僕なら、世界中の笑顔のために使う

説明会で語られた「世界平和」に魅せられて ZOZOに就職することを決めたのは、本当に偶然です。学生時代からファッションが大好きでしたが、あくまで趣味であって、仕事として携わるつもりはありませんでした。 就職活動の軸になっていたのは、「社会に大きな影響を与えたい」という想いです。 当時はこれといってやりたいことが定まっていなかったので、せめてインパクトのある仕事を手掛けたかった。当時は、それを実現できるのが広告業界だと考えていました。 では、どうしてZOZOへの入社を決

スキ
22

DIY精神で“らしさ”を創り出す ZOZOのインハウスデザイナー

小さなバナーに運命を感じて幼い頃から絵を描くことが好きで、高校では情報デザインを専攻し、総合大学の芸術学部でポスターやロゴなど商業広告を学び、グラフィックデザイナーを目指していました。 大学の課題に取り組んでいく中で、広告以外にも空間デザインや彫刻といった幅広いジャンルのクリエイティブに関心が強まるとともに、設定されたお題に応えたり、相手を喜ばせたりすることが得意だと気づきました。そのため、将来は、多くのクライアントを相手に幅広いアウトプットに関われる広告代理店や制作会社な

スキ
52

ありきたりなものは、つくらない。ZOZOで「自分にしかできないデザイン」を生み出すために

人と人がつながるデザインを目指してデザイナーを志した原点は、スケッチブックと向き合う時間にあったと思います。 小学生のころからずっと学業に打ち込んできたのですが、絵を描くことには、テストを解くのとは違う楽しさがありました。 私にとって、答えのない創作に没頭する時間は、正解を速く正確に導くことを突き詰めるよりも、よっぽど自分らしくいられるものだった気がします。 私にとっての「絵」は、コミュニケーションのツールでもありました。自分のためではなく、誰かのために絵を描いていたん

スキ
36

データ分析とエンジニアリングで「WEAR」の成長を目指す。プロダクト愛溢れる、ZOZOのデータサイエンティスト

ファッションに対する価値観を180度転換してくれた、「WEAR」との出会い 就職活動では「プログラミングと数学を活かして社会に貢献できる」、「ユーザーから愛される事業会社」という、この二つを叶えられる会社を探し、考え方やプロダクトに共感したVASILYへの入社を決めました。しかし、入社直前にVASILYがZOZOグループとなる(※)ことを知り、その時は驚くと同時にとてもワクワクしたことを覚えています。 「ZOZOグループであれば、WEARやZOZOTOWNに集積された膨大

スキ
33

はじめての方へ

ZOZO DEVELOPERS BLOGへようこそ!はじめましてのごあいさつです。

すべて見る
  • 1本

ZOZOのnote&コンテンツのご紹介【エンジニア&デザイナー向け】

こんにちは!ZOZO広報です。 ZOZOグループのサービス運用・技術開発・デザイナー部門に関する情報を発信するこのnoteでは、記事を通じて多くのZOZOのエンジニア・デザイナースタッフの業務内容や働き方をご紹介しています。 今回は、このnoteを初めてご覧いただく方に向けて、note内の各マガジンと、ぜひ覗いていただきたいコンテンツをご紹介します。 本題に入る前に… 2021年10月、グループ再編がありました 2021年10月にはサービスの運用や技術開発を担っていた

スキ
3