マガジンのカバー画像

ZOZO TECH BOOK

8
ZOZOのエンジニアやデザイナーがノウハウを公開します。
運営しているクリエイター

記事一覧

開発チームをつなぐ心臓部!ZOZOTOWNの"今"を支えるWEBバックエンドの魅…

こんにちは!ZOZOTOWNWEB部 バックエンド2ブロックの佐藤です。 ZOZOTOWNは、①各機能ごとに…

【ZOZOTOWN】SEO担当者が注力する「テスト」と、自作のツールで工数削減を…

ZOZOTOWNサービスグロース部 SEOブロックの大久保です。 SEOやデータ解析によりZOZOTOWNやWEA…

【WEAR】コストを最小限に抑えながら短期で改善施策リリースを繰り返したお話

はじめまして。サービスグロースチームの菊地です。 専業はデータ集計で、弊社が運営するファ…

【ZOZOTOWN】PayPayモール出店に向けたデータ連携の取り組み

こんにちは。基幹システム部PayPayモールチームの岸本です。 2019年12月にZOZOTOWN PayPayモ…

【ZOZOTOWN】SEO担当者が「カテゴリー」を見直したお話し

はじめまして、サービスグロースチームの大久保です。 SEOやデータ解析によりZOZOTOWNやWEARと…

コロナ禍における、新卒シャッフルランチの取り組み

こんにちは。ZOZOテクノロジーズ ZOZOTOWN部 検索チーム 20新卒の佐藤です。本記事では、新卒…

社内の書籍レビューの集合知をAIとエンジニアリングで活用促進! 社内ツール「BEAR」をフルリモート新卒研修で開発しました

こんにちは。ZOZOテクノロジーズの新卒3期生T.Mです。本記事では先日の 生の反応を「見える化」する!ビデオ会議で使えるAI「リモクション」を新卒7人で作ってみた に続き、新卒同期でチームを組み、新しいプロダクトの開発に取り組む「チーム開発研修」ついてお話します。この研修もすべてフルリモートで実施されました。 提示された開発テーマ:「新卒研修で感じた課題を技術とAIを用いて解決する」私たちが開発したのはユーザーの読書記録を学習する推薦AIによって、ユーザーが読むべき書

スキ
3

生の反応を「見える化」する!ビデオ会議で使えるAI「リモクション」を新卒7人で作っ…

こんにちは、ZOZOテクノロジーズの新卒3期生R.M.です。私たち新卒は1カ月間の研修を終え、5…