マガジンのカバー画像

ZOZO新卒エンジニア&デザイナーのリアル

25
ZOZOに新卒入社したエンジニア&デザイナーへのインタビューです。
運営しているクリエイター

記事一覧

新卒で海外からZOZOを選んだエンジニアが、これからもZOZOで働きたい理由

海外から見た日本、日本の中のZOZO私は幼い頃からずっと、仕事を楽しめる大人になりたいと考…

20

入社3ヶ月で手を挙げてプロジェクト開始。新卒1年目エンジニアの仕事の中身

「身近な人のためにつくる喜び」を探し求めて今ではAndroidエンジニアとして働いていますが、…

64

エンジニアの成長を加速する“互助の輪”──新卒2年目エンジニアが語る「いま学生に…

エンジニアは世界に価値を届ける仕事就職活動を始める以前は「ZOZOTOWN」を1度か2度利用した…

53

「ユーザーに魔法のような体験を届けたい」新入社員が語る、ZOZOのエンジニアライフ

働く人のサービスへの「熱量の高さ」が決定打私はもともと「誰かのために何かをすること」が…

40

入社初日から学びを最大化する、ZOZO式メンター制度の活用方法

一人で歩くより、二人三脚で歩く──── 小松さんと荻野さんは、もともとメンター・メンティ…

39

成長に必要なのは「いい仲間」と「いい仕事」──新卒2年目エンジニアが振り返る“ZOZ…

周りの人に喜んでもらえる仕事私は学生時代、「自分の周りにユーザーがいるサービスを、大規模…

28

理想のZOZOTOWNをつくるために、私たちMLエンジニアが挑戦していること

価値を“提供し続ける”ために、ZOZOという選択肢学生時代に医療領域で研究をしていた私がZOZOに入社したのは、「社会の役に立っている」という実感をダイレクトに得続けられる仕事に就きたかったからです。 研究が好きだったので、その経験を生かして医療領域のスタートアップ企業で働く選択肢を検討したこともありましたが、医療の研究は社会的に大きな価値がある一方で、成果を明確に示すまでに時間が必要です。 私は「より早く、より確実に、より多くの人に」価値を届けたかったので、それを実現

ZOZOTOWNの歴史を知ることは、新たな可能性を探ること 〜ユーザーコミュニケーション…

こんにちは、広報の立川です。 7月も終盤に差し掛かり、毎日暑くなってきましたね。私は暑いの…

優秀なエンジニアに共通するのは想像力? ZOZOのVPoEが語る、成長するために学生時代…

優秀なエンジニアとは? 成長するには? 学生時代にやっておくべきことは? エンジニアの成長…

裁量と責任、社外でアウトプットするチャンスも。「ZOZOのSRE」として飛躍した入社1年…

社内外で“SRE”としての存在感を発揮する先輩たちエンジニアと聞いて、どんな姿を思い浮かべ…

ZOZOはDroidKaigi 2022にGOLD SPONSORとして協賛 & エンジニアが登壇します!

こんにちは!CTOブロックでDevRelを担当している @ikkou です。カンファレンスシーズンの秋で…

こだわりを熱量に変えて-ZOZOで働く新卒1年目のエンジニアの半年間とこれから

大好きなファッションと挑戦的なプロダクトに惹かれて物心ついた時から、こだわりが強く、自分…

楽しく学び、楽しく成長する。実務未経験で入社したZOZOフロントエンドエンジニアのや…

自分を〇〇芸人と名付けるとしたら?インターネットの世界に魅了された中学・高校時代を過ご…

あなたの技術を、何に使うか。僕なら、世界中の笑顔のために使う

説明会で語られた「世界平和」に魅せられて ZOZOに就職することを決めたのは、本当に偶然です。学生時代からファッションが大好きでしたが、あくまで趣味であって、仕事として携わるつもりはありませんでした。 就職活動の軸になっていたのは、「社会に大きな影響を与えたい」という想いです。 当時はこれといってやりたいことが定まっていなかったので、せめてインパクトのある仕事を手掛けたかった。当時は、それを実現できるのが広告業界だと考えていました。 では、どうしてZOZOへの入社を決