見出し画像

【スタッフインタビュー】ファッションを楽しむきっかけをWEARで作る。


【プロフィール】
藤井 麻衣(メディア開発本部 WEAR部)
金融系SIerでの情報システム開発・保守の勤務を経て、2015年にZOZOテクノロジーズへ中途入社。WEARのサービス開発チームで、主にWebサイトの機能改善やリプレイスに携わる。

エンジニアになろうと思ったきっかけを教えてください。

就活の際に幅広く業界を受けていた中で、SIer企業のエンジニア職の内定をいただいたのがきっかけでした。学生の頃はもともとマスメディア業界志望で、大学ではメディアについて勉強したり、放送系のサークルに所属したり、テレビ局でアルバイトもしてみたのですが、思い描いていたマスメディア業界と自分が社会人として働くイメージとのギャップを感じるようになりました。

そこで業界をあまり絞らずに就職活動をしているうちにIT業界に興味を持ち、ITで世の中を便利にし、新しい文化・生活を創り出すこと、地方と都市や世界中の国々をつなげることに魅力を感じました。高校生のときに簡単なホームページを作ったくらいで、開発経験はほぼ0の状態だったのですが、勉強して技術を身につけて働くことが自分の性格に向いていると思ったことと、内定をいただいた企業において女性エンジニアが多く活躍していて働きやすそうだと感じたこともあり、エンジニアとして働くことを決意しました。

なぜZOZOグループに入社しようと思ったのですか?

好き(ファッション)を仕事にすること、働いている人の雰囲気、企業理念に魅力を感じたからです。
きっかけは、偶然、ぼーっと眺めていたテレビ番組で流れていたZOZO(旧スタートトゥデイ)の会社紹介VTRだったのですが、ファッション好きが集まり、社員同士が友達のように仲がよく、好きな服装で楽しそうに働いている様子に良い意味で衝撃を受けました。

また、学生の頃にマスメディアを志望してた理由が、メディアを通じて世界の平和に貢献したいという思いだったのですが、"世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。"という企業理念の元で、形は違えど学生時代に抱いていた思いを実現できると感じて中途採用に応募しました。

所属チームの業務内容を教えてください。

WEARのサービス開発チームに所属しており、WEARのバックエンド、フロントエンドの新規機能開発、既存機能改修、リプレイスを行っています。
WEARはレガシーな技術で作られている部分がまだ多く残っており、開発効率やシステムの拡張性を高めるために、Ruby on RailsやReactでのリプレイスを進めています。

その中でご自身が担当している業務内容について教えてください。

主にWebサイトの既存機能改修やリプレイスを行っています。
既存機能の改修については、ただ開発するだけではなく、デザイン部門やProject Manager/Biz Dev部門、分析部門など他部門のメンバーと一緒に改善案を出し合い、仕様を決めて進めています。

(差し込み)エンジニア_藤井麻衣02

入社して一番やりがいがあった仕事は何ですか?

WEARの検索機能改善を仕様から検討させてもらい、無事にリリースできたことです。

自分自身がユーザーとしてWEARを使っていて検索機能をより便利にしたいと思っていたのですが、やりたいことをミーティングで話したところ、検索機能を改善することが案件化し、その案件のリーダーを任せてもらえることになりました。

主担当として機能の仕様を考えるのは初めてで手探り状態だったのですが、アナリストに相談してユーザーがよく利用する検索キーワードや検索カテゴリを教えてもらって仕様を考えたり、デザイナーに相談してワイヤーフレームを作成したり、バックエンドやアプリエンジニアと実現方法を相談しながら進めました。

リリース後のユーザーの反応を見るまで不安でしたが、分析の数値的にはよい結果につなげることができました。各職種の専門領域について少しずつですが触れることができ、改めてサービス開発は各チームの連携によって達成できるものだと実感し、より一層、各職種のメンバーに感謝の念を抱いた経験でした。

エンジニアとして、大切にしていることを教えてください。

コミュニケーションです。エンジニアだけでなく他の職種でも大切だと思いますが、やはりチーム開発をするにはコミュニケーションが円滑であるほうが効率的に良いものが作れると思います。

コミュニケーションが疎かになると役割分担が不明瞭なタスクが放置されてしまったり、認識齟齬に気づかずに開発を進めてしまったりするので、今後も大切にしていきたいです。

また、エンジニアはユーザーと直接コミュニケーションをとることはないですが、アプリのレビューやユーザーの行動分析から、実装した機能をユーザーがどう感じてるのか、使いにくいところがないかを感じとって次のアクションに繋げるという意味で、ユーザーとのコミュニケーションも大切だと思います。

ZOZOグループの好きなところを教えてください。

仕事においても社内イベントにおいても関わる人を全力で楽しませようとする、そして自分たちも全力で楽しむところが好きです。私が入社して間もない頃に、ZOZOTOWN10周年を記念してサイト内の商品2万点を0円で提供する企画が行われたのですが、それがYahoo!ニュースにも掲載され、企画したデザイン部のスタッフが胴上げされていました。企画内容と胴上げの様子を見て、ユーザーを楽しませようとする姿勢はもちろん、自分たちも楽しんで仕事をしていると感じ、とてもかっこよくてワクワクしました。

WEARで、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

WEARを通じて世界中の人たちをファッションで繋げ、異文化交流やファッションを楽しむきっかけを作りたいです。そのためにも、より多くのユーザーに喜んでもらえるような便利で楽しい機能を提供すること、ユーザーが快適にWEARを使えるようにUI/UXやパフォーマンスを改善することに尽力します!

撮影:ZOZOテクノロジーズ コーポレートデザイン部 フォトチーム


ZOZOテクノロジーズでは、各職種で採用を行っています!採用情報はTwitterにて公開しているのでぜひチェックしてください!

箱猫マックスも喜んでいます!
17
ZOZOグループのサービス運用・技術開発部門となる企業、株式会社ZOZOテクノロジーズのオウンドメディアです。エンジニア・デザイナー・アナリストなど制作に携わる全ての技術者が集結しています。 【ZOZOテクノロジーズ公式サイト】https://tech.zozo.com/