見出し画像

【ZOZOテクノロジーズ新卒インタビュー】新卒2年目で感じた大きなやりがいと責任感。

【プロフィール】
河田 歩美(デザイン本部 サービスデザイン部)
2019年にZOZOテクノロジーズ新卒2期生として入社。ZOZOTOWNのUI/UX改善プロジェクトに志願し、プロジェクト内のデザイナーとして従事。

デザイナーになろうと思ったきっかけを教えてください。

大学時代に情報デザインを勉強していて、モノづくりをすることが好きだったのと、人に影響を与えることができる職種に憧れを感じてデザイナーを志望しました。

なぜZOZOグループに入社しようと思ったのですか?

某就活支援サービスが開催する合同企業説明会に参加したときにZOZOテクノロジーズ(旧スタートトゥデイ工務店)がブース出展していて、ZOZOTOWNを運営している会社だと知りました。ZOZOTOWNは利用していたので知っていたのですが、それまでは買い物をするためのサービスという印象が強かったので、説明会参加を機にZOZOで働くという選択肢が増えました。

また会社説明を受け選考に応募しよう思ったきっかけは2つあります。
1つめは、社員さん同士が仲良さそうに話をしている姿を見て、みんな人が良さそうな印象を受けたことです。
2つめは、ZOZOTOWNが「スター・ウォーズ」デザインのダンボール箱を企画した際に、自らの足でウォルト・ディズニー・ジャパン社に直々に提案しに行ったという話がすごく印象的で、こんな熱い想いを持った人たちと一緒に働いてみたい!と思う気持ちが強くなり選考を受けました。

所属チームの業務内容を教えてください。

Web版ZOZOTOWNのUI/UXデザイン改善、キャンペーン施策のLP作成、メルマガやLINEなどのコミュニケーションデザインを主に担当しています。

その中でご自身が担当している業務内容について教えてください。

所属チームの業務内容に加え、昨年の春頃にZOZOTOWNプロダクト内でのUI/UX改善プロジェクトチームの公募があり、志願した結果そのチームのデザイナーを担当させていただくことになりました。
本プロジェクトでは、古くなったUIや不便なUIの洗い出しを行い、案件化する内容の検討、開発、検証までスピード感を持って行っています。

業務を進行する上で、新卒1年目にはなかった考えや気持ちの変化はありますか?

UI/UX改善プロジェクトチームの業務はチーム内での発案が起点となるので、自分たちの都合の良いものになっていないかを客観的に判断する必要があります。
私がまとめた仕様や説明次第では案件として進められなくなる可能性もあるので、改善案が課題解決になっているのか、独りよがりな意見になっていないか、今後似たような課題があったときにも適用できる汎用性があるのかなど、情報整理して伝達することへの責任感を感じるようになりました。

入社して一番のやりがいがあった仕事は何ですか?

入社1年目のときに、ZOZOTOWNのヘルプページに作ったチャットボット機能が印象的でした。この機能は、ZOZOテクノロジーズ、ZOZO、外部協力会社の3社で制作したものです。カスタマーサポートに寄せられるお問い合わせの中には、オペレーターを介さずにお客様自身で解決できるものも多くあったため、オペレーターの代わりに公式キャラクターの箱猫マックスくんがボットとして応答する機能を追加しました。

有人対応が必要なお問い合わせは、ボットから有人対応に切り替わる仕様になっているのですが、ボットと有人の区切りを意識したコミュニケーションデザインにしたり、キャラクターを用いた世界観にしたりと上司や先輩にサポートしてもらいながら作ることができました。
関係者の方々と何度も仕様を詰めて、画面の確認も最後の最後まで抜かりなく行ったので、リリース後にちゃんと動いてる姿を見ると感動しました。

(差し込み)ayumikawada_note02

デザイナーとして、大切にしていることを教えてください。

自信を持って提案できるかが大切だと思います。
デザインを考え始めると会社的にはこうした方が都合が良いのかなと考えてしまい、結果的にお客様に優しくないデザインになってることが多々あります。
上司からフィードバックをもらうときに「自分だったら使いたいと思う?」と言われることがあり、毎回その一言でハッとします。すごく当たり前のことなのですが、自分が良くないと思うものを提案するべきではないと思うきっかけになったので、自信を持って提案できるかは大切なことなんだなと思いました。

ZOZOグループの好きなところを教えてください。

社員が楽しめる社内企画を積極的に行っているところが入社時から変わらずワクワクして好きです。社内の人と仲良くなることを狙いにしたFRIENDSHIP DAYでは、美味しい食べ物と飲み物が準備されていて、業務では関わることがない人とお話ができたり、バレンタインデーのときはチョコレートのつかみ取りができたりと楽しい企画がたくさんあるので毎回その企画力に驚かされます。

良い買い物で、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

お客様には、購入した“もの”、購入するときの“体験”、どちらも買い物をする過程で良い気持ちになってもらいたいので、「良い買い物」で、世界中をカッコよく、世界中を笑顔にしたいです。

お客様にとって、購入画面のUIが分かりやすくて、欲しい物がスムーズに手に入ることは、オンラインショッピングをする上でとても大切なことだと思っています。
私のチームでは、購入フローでの体験について「こうした方が手順が短くなりそう」とか「こっちの方が分かりやすそう」などと、日々細かく話し合っています。
取扱商品数の多さと、優れたユーザー体験。ZOZOTOWNが、両方を兼ね揃えたサービスとしてさらに成長できたら良いなと思います。

撮影:ZOZOテクノロジーズ コーポレートデザイン部 フォトチーム


最後に

ZOZOテクノロジーズでは、一緒に働く仲間を募集しています。気になる方は、採用ページをご覧ください。

【お問い合わせ】
広報に関するお問い合わせはこちら

ZOZOテクノロジーズでは、各職種で採用を行っています!採用情報はTwitterにて公開しているのでぜひチェックしてください!

箱猫マックスも喜んでいます!
7
ZOZOグループのサービス運用・技術開発部門となる企業、株式会社ZOZOテクノロジーズのオウンドメディアです。エンジニア・デザイナー・アナリストなど制作に携わる全ての技術者が集結しています。 【ZOZOテクノロジーズ公式サイト】https://tech.zozo.com/