見出し画像

【スタッフインタビュー】客観的かつ主体的に、魅力的な課題を改善。

【プロフィール】
武井 勇也(EC開発本部 ZOZOTOWN部)
2020年にZOZOテクノロジーズ新卒3期生として入社。ZOZOTOWNのフロントエンドエンジニアとして特集等企画ページを中心に開発を行うチームに所属。新卒1年目にしてプロジェクトのシステム設計から開発までメインで担当。

エンジニアになろうと思ったきっかけを教えてください。

学生時代 、IT企業でWebサイト制作やマーケティングを請け負う会社でアルバイトをしていました。そのときはWebディレクターとして業務を行っていたのですが、エンジニアとやりとりが思うようにできない、他のサイトでは実現できていることができないなど不満が募り、自分でも勉強してエンジニアリングの理解を深めたいと思ったのがきっかけです。勉強するうちにコードを書いて問題を解決する方法を考えたり、技術を調べたりすることそのものがとても楽しいと思うようになりました。その後、エンジニアの師匠のような人に幸運にも巡り合りあって火がつき、一流のソフトウェアエンジニアになりたいと精進しています。

なぜZOZOグループに入社しようと思ったのですか?

魅力的で興味深い課題をたくさん抱え、またそれに全力で向き合っている企業だと思ったからです。この「課題」とは、アパレル産業の課題、技術の課題、多様な人同士が働く組織的な課題と様々です。どの課題にも奥深さを感じ、解決するためのアイデアを想像することが楽しかったのが決め手でした。また、ZOZOTOWNはもちろん、ZOZOSUITなどの革新的なサービスも前々から素晴らしいと思っていました。さらに、先に挙げた課題を改善することで、自分を含めたたくさんのお客さんに喜んでもらえたら最高だろうなというのも動機としては大きかったです。

所属チームの業務内容を教えてください。

ZOZOTOWNのフロントエンドにはEC機能を中心に開発を行うチームと特集などの企画ページを中心に開発を行うチームがあり、自分は後者のチームに所属しています。
所属チームではセールや出店ブランド様とのコラボキャンペーンなど様々な企画のWebページの開発と、マーケティング施策に関わる新規開発や改善提案が主な業務内容です。

その中でご自身が担当している業務内容について教えてください。

Webページの開発やA/Bテストに関連した開発を主に行っています。
A/Bテストとは、ユーザーごとにWebページの表示内容を変え、その結果の数値を元にサイトの使いやすさを改善していく手法のことです。

根本的には優れたユーザビリティーと高いパフォーマンスのECサイトを実現するために、開発スループットを日々向上させながら開発することが自分の業務だと考えています。

(差し込み)エンジニア_武井勇也_2

入社して一番やりがいがあった仕事は何ですか?

今取り組んでいるプログラミング不要でWebページを作成できる社内ツール作成プロジェクトは、とてもやりがいを感じています。セールやキャンペーンの Webページはすべてエンジニアが開発しているのですが、どうしても公開できるページの数や質に限界があります。ECサイトの特性上、季節によっては同時並行で複数のページを公開したいというニーズがあります。この現状を解決するために一部のWebページのプログラムを逐一記述せずに公開できるようにする社内システムを作るというのが今行っているプロジェクトの中身です。

この社内システムは設計から開発までを自分が担当させてもらっており、導入する技術やシステム間の連携など自分にとって未経験の挑戦も多く日々ワクワクしながら取り組んでいます。

Webページ作成の効率化ができればお客様に、より多様で数多くの切り口で商品を紹介することができるようになります。成功させて一番やりがいがあった仕事と言えるように頑張っています。

エンジニアとして、大切にしていることを教えてください。

できるだけ主観的な思い込みを排除して、客観的に情報(数字や他の人の意見)を観察することは大切にしています。プログラムは完全に客観的なロジックの集合なので、こうあって欲しいと信じても決して動作することはありません。プログラム関連でつまずくときは、前提を勝手に決めつけ回り道をしたり、できないと思い込んでいただけで資料を読み込めばやり方が書いてあったりと自分に原因があることがほとんどです。即ち、立ち止まって冷静かつ客観的に捉えるのは大切だと思います。

これは様々な人と関わる上でも同じだと思っています。こう思っているに違いないとか、この人は何も考えていないとか思い込みで人を決めつけてしまうときが誰しもあると思います。こうしたときも客観的に捉えることで、思い込みをなくせば仕事で協業するときもうまくいくことが多いと感じています。

ZOZOグループの好きなところを教えてください。

仕事をだるいとかつまらないものとばかり考えず、どうやったら楽しくなるんだろうと日々努力したり、工夫する文化がある点が素敵だと思います。

思い込みで、世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。

先ほど客観的に観察することが大切と述べておいて矛盾してると思うかもしれませんが、思い込みにも根拠のない信じたいだけの願望と、他人には説明できないけど自分の中には根拠のある理想の二種類があると思っています。大抵前者ですが、後者だとすると、それが世界をより成熟したかっこいい大人、無条件に笑顔になれる人を増やすことにつながるかもしれません。

たとえばZOZOTOWNを作り始めた頃に誰もが今のようになると思っていたはずがありませんが、インターネットでたくさんの人が服を買うようになると信じた人が今を形作っています。要するに思い込みです。

客観的な目線で考えて、さらに他の人の意見ももらった上で、それでも自分が信じてやるべきだと思ったことを強い気持ちでやっていきたいと思っています。

撮影:ZOZOテクノロジーズ コーポレートデザイン部 フォトチーム


ZOZOテクノロジーズでは、各職種で採用を行っています!採用情報はTwitterにて公開しているのでぜひチェックしてください!

箱猫マックスも喜んでいます!
ZOZOグループのサービス運用・技術開発部門となる企業、株式会社ZOZOテクノロジーズのオウンドメディアです。エンジニア・デザイナー・アナリストなど制作に携わる全ての技術者が集結しています。 【ZOZOテクノロジーズ公式サイト】https://tech.zozo.com/