見出し画像

【ZOZOテクノロジーズ新卒インタビュー】入社して1年半。新卒エンジニアの成長録

こんにちは、ZOZOテクノロジーズ広報の坂井です。ZOZOテクノロジーズでは、22年新卒採用として「1DAY選考会」を実施します。

今回は「ZOZOテクノロジーズに新卒入社した社員がどう活躍しているか」を知ってもらいたいと思い、19年新卒入社の横山にインタビューをしてきました。入社の経緯からやりがい、チームの魅力を語ってくれました!

プロフィール

EC開発本部 基幹システム部 BASEチーム 横山 勝矢
早稲田大学で情報理工学を専攻。早稲田大学大学院では対話システムにおける話者の意図認識に関する研究を行う。研究を行う上で作成した様々なツールの開発経験からサービスを提供する側で働くことを意識する。2019年、ZOZOテクノロジーズに新卒採用で入社。現在はEC開発本部 基幹システム部 BASEチームに在籍。

自由な社風と社員同士の仲の良さに惹かれて入社を決意

ー 横山さんは19年新卒でZOZOテクノロジーズに新卒で入社されましたね。まずは入社の経緯を教えてもらえますか?

大学は情報理工学科に在籍していました。研究室では対話システムに関する研究を行っていたのですが、その過程で色々な方に利用してもらうツールを開発する機会がありました。そのシステムを改良する度に、利用者の方から喜びの声を頂いて、それがすごく嬉しくて。

サービスを提供する側になって皆が使ってくれるようなシステムを作りたいと思ったのが、エンジニアになろうと思ったきっかけです。

ー その中で、なぜZOZOテクノロジーズを選んだのでしょうか?

学生時代の背景があったので、まずは“自分たちで何か作っている会社”が良いな、と思っていました。ZOZOテクノロジーズは逆求人イベントで知りましたが、お話を聞くと物流システムをはじめ、0から自分たちで作り上げている印象が強く、魅力を感じました。

ー たしかに。そういう所も、ZOZOらしいかもしれません。

はい、そして開発に限らず良いなと思った所があって。例えば、幕張オフィスでは会議室の番号を自分たちでペイントしている、というお話などを聞いて「いいじゃん、この会社」と直感で感じました。

また、自由な社風や社員同士の仲の良さも魅力に感じたポイントです。説明会などで人事やエンジニアなど社員に会うなかで伝わってくる仲の良さや自由な雰囲気にどんどん惹かれていって、この会社しかないと思うようになっていました。

学生時代に培った技術力も使って活躍

― 現在の業務内容を教えて頂けますか?

現在は基幹システム部で、ZOZOBASE(物流施設)で使われているBOという物流システムの運用と改修を担当しています。

― 学生時代のスキルが活きるシーンもあるのでしょうか。

学生時代に作成していたツールの中には、Webアプリケーションの形式で作成していたものもありました。現在関わっているシステムもWebアプリケーションで作られているので、そこは共通してますね。

また、学生時代はPythonのDjangoを使っていましたが、今使っている言語と似ている部分があるので、当時培った技術を活かせていると思います。

― ZOZOTOWNは、長い間サービスを運営してきた分だけレガシーな所も存在していると思っていて。そういうものとどう向き合っていますか?

基幹部分に限ると、たしかにレガシーというか古い言語を使っている部分はありますね。でも、それは長い歴史の中での積み重ねという所もあるので、避けて通れない部分だと思います。

レガシーなシステムに手を加えていくことは大変ですが、だからこそちゃんと理解して、しっかりと今まで研究でやっていたような形で取り組んでいけば、少しずつレガシーな部分を改善し、システム全体を成長させていくことができると思っています。

基幹システムのリプレイスは、ものすごいコストがかかるものですし、すぐに入れ替えができるものではありません。しかし、いずれは大きく転換するタイミングがくると思っているので、それに備えて準備していきたいと思っています。

既存のシステムだとどういう風に入れ替えられるかなということを考えつつも、最新の技術のキャッチアップをするのが今の段階ですね。課題がある分だけ、今後のやりがいがあるんじゃないかと思います。

画像1

身近にいる社員からの反響がやりがいに

ー 働いている中で、やりがいがあれば教えてください。

社内の人たちがユーザーなので、使ってくれる人がすごく身近にいるところです。すぐに「これが使いやすくなった!」など、感想が聞けるのはやりがいになりますね。

すぐにできるものはすぐにやってあげたいなと思いますし、時間かかるものはその分だけ質の良いものを出してあげたいなと思います。

ー 難しかったことや、大変だったことがあれば教えて頂けますか?

まさに今やってることですね。バーコード検品という作業で使われているメニューのリプレイスをやっていますが、これが結構大変で。言語を変えたりとかはしていないですけど、もとのシステムが大きいので苦しみながらやっています。

ただ、それをすることによって、ZOZOBASEでの作業行程が1つ減るんですよ。今まで人がやらないといけなかった作業を自動化することができます。現場の作業をワンステップなくすことができるので、このような改修は引き続き取り組んでいきたいですね。

ー なるほど。社員が使ってくれることがモチベーションにつながっていると思うのですが、基幹チームへの配属は、ご自身の希望だったんですか?

そうです。自分としては、使ってくれる人が近くにいるからというのは大きなやりがいになります。すぐに「どうだった?」と聞ける環境が、自分には良いんだなと感じています。

辛い状況でもチャンスだと思って楽しむ

― 実際入社してみて、入社前のイメージと違いはありましたか?

ギャップは特に感じなかったです。当時感じていた自由な社風や仲の良さは、入社後より強く感じているところです。

ー 例えばどういう時に感じますか?

例えば、フルフレックスタイムなどの制度ですね。自分の働く時間を自由に決められるのは、生産性も高くストレスなく働くことができるのでとても助かっています。その点は、学生時代に研究をしていた時のリズムと変わっていないと思います。

社員が働きやすくなるような制度を積極的に導入してくれるので、働き方を真摯に考えてくれる会社だなと感じています。

ー たしかに、このような現在の状況下でも働きやすいですよね。

そうですね。また、発言のしやすさからも自由な社風を感じます。自分の発言を受け止めて案件を進める上での糧にしてくれるので、「新卒だから」と気兼ねすることなく発言ができています。

ー チームのコミュニケーションが上手くいってるんですね。

はい。そこが仲の良さを感じるポイントですが、近い距離感で助け合ったり、高め合えたりする人が多いなと思います。

皆で助け合って、乗り越えていく、みたいな。何より、一緒に働いていて楽しいなと思えるんです。チームの人はみんな先輩ですが、お兄さんお姉さんみたいな感覚ですかね(笑)堅苦しくなくいれるので、チームでイベントをしたり、業務中でも気軽に話せる人たちが集まっています。

ー 最後に、今後どういう人と一緒に働きたいですか?

僕たちのチームは、ZOZOBASEをはじめとした様々な事業部と連携し、お互いが意見を出し合いながら開発を行っています。 ZOZOTOWNというサービスに愛着を持ち、より良いものにしていきたいという意思のある方と働いていきたいです。

そして、個人的には“どんな状況でも楽しみながら動くことができる”方と働きたいと思います。例え辛い状況でも「逆にチャンスだ」とポジティブな発想で楽しむことができる方がいると、チームとしても良い方向に向かっていけるのかなと思っています。

自分自身が目標としている人物像でもあり、先輩方にもこのような方が多いのですが、楽しんで働く方が増えたら更に仕事が楽しめるのかなと思ってます!

採用情報

新卒で入社してから、様々なチャレンジをしながら成長している様子を教えてくれました。

ZOZOテクノロジーズでは、22新卒の方を対象とした「いつでもどこでもインターン」を実施しています。気になる方は、以下の募集ページをご覧ください!


9
株式会社ZOZOテクノロジーズのオウンドメディアです。社員の日常やサービス、イベントの情報を発信していきます。 新着記事は、2020年7月13日より公開します。 【ZOZOテクノロジーズ公式サイト】https://tech.zozo.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。